<< ♪初心 その4 | main | ♪山拓巳・道は開ける >>
♪あいのり・モーツァルト
毎週月曜日の夜、偶然妻と家にいることが多く、一緒に「あいのり」を見ています。見だすとなかなか面白く、やってれば思わず見入ってしまっているのですが、というのも今、ラブワゴンは音楽の都オーストリアはウィーンに来ているのです。

そして、流れる音楽は当然モーツァルト!!アイネ・クライネ・ナハト・ムジークはもちろん、トルコ行進曲にホルン協奏曲、交響曲第25番、そしてレクイエムから「怒りの日」。

それらの音楽が妙にマッチしてて、ゾクゾクしてます(笑)。「あいのり」のドタバタ恋愛劇が、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」や「コジ・ファン・トゥッテ」みたいに見えてきて、モーツァルトが音に込めた心理劇に素晴らしくピッタリくるのです。

きっとモーツァルトは「あいのり」を見たら気に入るだろうなあ、と思います。ベートーヴェンだったら「不真面目だ!テレビでやることじゃない!」なんて怒り出すかもしれませんが(笑)。

いきいきとした人間感情、筋書きのないドラマ。何だかそんなことを思って、ますますファンになってしまっているのが自分でも笑えます。「あいのり」からモーツァルトの真髄に改めて気付かされました。

「あいのり」は現代版のモーツァルト。当たってるかなあ??
| 雑感 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
当たってないね
モーツァルトは恋愛に対して非常に冷徹な目を持っていました
「あいのり」を見たら気に入る?とんでもない(w
彼はああいうくだらない小競り合いを遠巻きに見て「くだらないね」と笑い飛ばしている人物です
彼の視線は常にアルフォンソなのです
「人間は恋愛する動物、すばらしいね」じゃなくて「恋愛?バッカじゃねーの」といってるわけです
彼の作品で愛が成就するものはどれもありません
もし今まで「成就した」と思っていたのだとしたら、おめでたい単細胞だというしかありませんね
魔笛ではなんと女性の存在自体を否定しているのですから
| 通りすがり | 2012/11/19 9:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakakkie.jugem.jp/trackback/101
トラックバック
seo対策 脱毛

天晴れ介護サービス総合教育研究所

介護職基本姿勢10則【改訂版】

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

ツイッターも更新してます(^^)

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

PROFILE

SEARCH

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

LINKS

CATEGORIES

ARCHIVES

ツイッターも更新してます(^^)

SPONSORED LINKS

おススメ本&CD

Natural Sense管理人:榊原宏昌

..................いつも僕のブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。最後までご覧頂いて感激です!(^^)